Top向学新聞リアルVoice追手門学院大学の皆さん>于 正欣さん

于 正欣さん 

追手門学院大学 中国出身


日本のゴミの回収について

于 正欣さん

于 正欣さん

 日本では、いくつかの駅やコンビニでゴミ箱が見られるが、街ではゴミ箱が見つけられない。実は昔、日本ではゴミ箱もあちこちで見られたが、ゴミ箱に爆弾を入れるテロ事件の影響で、公共の場所のゴミ箱が減ったと聞いている。それに対して、とても不便利だと思う。 

 それ以外に、私がとてもびっくりしたのは日本人がゴミを外に捨てることが少ないことである。家にゴミを持って帰る。いろいろを調べたら、これは大部分の日本人が外であろうとなかろうと、自分で作ったゴミは自分で分別して処理しなければならないと思っているからだ。それはとてもいいところだと思う。町にとって、ゴミのリサイクルがしやすくて、資源が節約でき、環境を守ることもできる。

 しかし、困ることもある。皆さんが日本はなるべくゴミを家に持ち帰るために、日本のゴミの分別はとても細かいことになる。例えば、燃えるゴミ、燃えないゴミ、粗大ゴミ、古服、びん、かん、ボトルなどの分別はとても難しいと思う。それに、もっと大変なことはゴミの回収することである。例えば、私が住んでいるところはゴミ回収車は毎日ではなく、普通ごみは週2回回収しているが、紙のゴミの回収やガラス製品の回収、粗大ゴミの回収など月1回しかない。それは環境を守るためだと分かっているが、非常に不便だと思う。冬は我慢できるが、夏はごみが臭くなり、ほんとに無理だと思うことがある。ある程度ごみを減少できるが、国民の快適さを考えたら、できるだけ、ゴミ回収の回数を増やしたほうがいいと思う。

記事へのご意見・ご感想


a:1345 t:4 y:0