Top向学新聞日本で働く留学生OBたち>チャン ティ トゥ フォンさん


チャン ティ トゥ フォンさん (ベトナム出身) 
(双日株式会社) 


チームの一員という意識が成功へ 役立てると信じることが大事

――現在の業務内容は。
 現在入社1年目で、ベトナムに2つある工業団地の営業・運営を担当しています。販売中の工業団地における営業活動や海外進出補助を担当する他、稼働中の工業団地の数字管理業務を行っています。また、進出企業がベトナムの文化や慣習をより深く理解してビジネスを進めていただけるように、努力しています。

――留学生としての特徴を活かすことができる環境ですね。日本とベトナムを繋ぐブリッジ人材としてどのような点に気をつけていますか。
 異なる国でビジネスをする際、まず相手の文化を理解した上で、自分の考えや会社の方針を、説得力をもって伝える必要があります。また、チームの一員であるという意識を常にもちながら、提案や意見を言うことで、国籍を越えたコミュニケーションができ、ビジネスの成功に繋がると思っています。

――素晴らしいですね。なぜ日本で働こうと思ったのですか。
 元々大学卒業後は、英語圏の大学院に進学することも考えていましたが、学生時代にアルバイトをしていた独立行政法人より正社員のオファーを頂いたことがきっかけで日本での就職を考え始めました。また、学生時代を過ごした女子シェアハウスで共に生活をしていた日本人学生を第二の家族だと感じるほど仲良くなれたことも、日本で働くという決断に至った理由の一つです。

――どのような就職活動を行ったのでしょうか。
 就職活動の開始時期が遅かったことや、大学生活も忙しいという時間的制約がありましたので、興味のある水ビジネスを行う会社やグローバルに活躍できると感じた、本当に入社したいと思った7社に絞って応募しました。その中でも双日を選んだのは、面接後に自分自身のフィードバックを採用担当より頂くことによって、自分の中で新しい気づきを得ることができたことや、就職活動を通じて携わる社員の親身な人柄に惹かれたからです。また、若手が多く活き活きとしている社風や会社と自分の将来のビジョンが一致したことも決め手となりました。

――留学生に就職活動のアドバイスをお願いします。
 日本人や、留学生という枠にとらわれず、自分の強み、特徴を見出し深めることが重要です。日本での就職に自信がない方が多いかもしれません。ですが、自己分析などを通して自分が会社に役立てることがあると信じ、自分自身を納得させることが大事だと感じます。私は留学を通し、ベトナムや他の発展途上国にはまだないビジネスが日本に多くあると感じました。そして、そのビジネスを様々な国に広げることができると信じています。自分自身を信じられなければ面接で相手を説得することはできませんし、強く信じることでその思いは伝わるはずです。



a:4750 t:1 y:3